Apple Watch

Apple Watchのスポーツループを1年以上使った僕が、「スポーツループをおすすめする3つの理由」

どうも、iMac男子(iMacdanshi)です! Apple Watch Series 2からスポールループを使い続けて、1年半以上経ちました。今でもApple Watch NIKE Series 4 スポーツループを使っています。

なぜスポーツループが良いのか。1年半以上使い続けたスポーツループの良さをレビューします。

軽量かつ丈夫

軽量

スポーツループの重さはわずか9gApple Watch NIKE+ Series 4 スポーツループ 40mm本体の重さが30.1gなので、合わせても39.1gにしかなりません

Apple Watch Series 4 ステンレス 40mmは本体の重さが39.8gなので、すでに本体だけでNIKEモデルを超えています。

本体素材のアルミニウムとステンレスの差は大きいですが、さらにバンドの重さも加わってくる事で、より重さを感じてしまいます。

あわせて読みたい
Apple Watch Series 4 44mmではなく、40mmを選んだ理由はこれ!どうも、iMac男子です!10月5日に発売された「Apple Watch NIKE+ Series 4 GPSモデル 40mm スポーツ...

丈夫

スポーツループは軽さもさることながら、すごく丈夫です。

この1年半毎日使っていますが、へたる事なく使用出来ています。

ランニング等で汗が付いても、ネットに入れさえすれば洗濯機で洗濯出来ます。また洗濯してもマジックテープの性能が落ちる事なく、今まで同様に使えます。

なので、汗かいた時と限定せずに定期的に洗濯しても良いと思います。



着脱が簡単

スポーツループの特徴であるマジックテープこのマジックテープで止める事でバンドとしっかりとくっ付き、腕に装着することが出来ます。

やり方も簡単で、ただくっ付けるだけ。

スポーツループを装着するのに手をバンドに通す必要があります。手を通すという事は、バンド自体がストッパーによりバラバラになっていません。

このストッパーがあることで、常に本体に付いた状態になっています。

これにより、Apple Watchの落下の危険性を低減させている事は間違いありませんね。スポーツバンドなどのバンドだと、バラバラになり着脱時に落下させてしまう危険性があります。

スポーツループの良さがこういうところにもありますね。

また、スポーツバンドの装着は穴に固定具を差し込み、反対側のバンドに通す必要があります。この「差し込む」という作業が少し手間になってしまう。

この少しの手間が、毎日続くとなるとかなりのストレスがかかりますね。

パソコンを傷つけない

これが意外に盲点だったかもしれません。僕はApple Watchを左手首にし、作業等をしてますが、左手首を置いた時にMacbookと当たります。

これがもし、アルミニウムのバンドだったらMacbookが傷だらけになってしまうので、こういった日常の何気ない行動の中にもスポーツループの良さを体感出来ることがあるかもしれません。

あわせて読みたい
【レビュー】Apple Watch NIKE+ Series 4、開封の儀からの外観レビュー。どうも、iMac男子です!Apple Watch Series 4から遅れること3週間。発売日に届きました「Apple Watch NI...
iMac男子がおすすめするiPhoneケース

 

iPhoneケースはたくさん発売されていて迷ってしまいますよね。

たくさんあるiPhoneケースの中から、僕のおすすめiPhoneケースをまとめました!

ケース選びに迷っている方も、新しいケースが欲しい方もぜひチェックしてみて下さい!

あわせて読みたい
iMac男子がおすすめするiPhoneケース22選!どうも、iMac男子です! iMac男子がおすすめするiPhoneケースの一覧です。 Apple純正iPhoneケース 【Ap...