ニュース

Huaweiが5GチップをAppleへ供給か。2020年モデルのiPhoneも5G搭載?

どうも、iMac男子です!

ここ最近、Huaweiのニュースが多い中、さらに気になるニュースが入ってきました。

「Huaweiが5GチップをAppleへ供給するのではないか」というもの。

現時点ではAppleもHuaweiもコメントを発表していません。

Intelの5Gチップは厳しい状況

現在のiPhoneのチップはIntel製とQualcomm製のチップが使用されており、5Gが搭載された2020年モデルiPhoneもIntel製のチップが使用されることが予想されていました。

その為、2020年モデルiPhoneは5Gが搭載されるのではないか、との見方がありました。

しかし、それは厳しい状況にあるそうです。

「Intelは5Gチップの開発がうまく進んでいない」と海外のニュースサイトに掲載されています。

「2020年モデルに5Gを搭載されたいApple」

「5Gチップの開発がうまく進んでいないIntel」

こうした状況にHuaweiが5Gチップを供給するのではないか、というニュースが入ってきました。

Huaweiの「5G Balong 5000チップセット」はAppleのみに供給へ。

Huaweiが開発した「5G Balong 5000チップセット」の売却先の候補はAppleに限定されているそうです。

Intelの5Gチップの搭載が厳しい、Qualcomm社との関係が最悪といった状況であればHuaweiの「5G Balong 5000チップセット」はAppleにとって良いのではないでしょうか。

2020年もすぐにきますので、開発から販売まで時間を要するので早いうちに決断され、2020年iPhoneはHuawei「5G Balong 5000チップセット」が搭載されたiPhoneが発売されるかもしれませんね。

Source : Engadget