ラグビーワールドカップ2019

ラグビー日本代表「松島幸太朗」選手を紹介!日本屈指の超攻撃的プレイヤーへの軌跡!

どうも、iMac男子と申します!

今回は驚異的なタックルが持ち味の「松島幸太朗」選手をご紹介します!

高校時代には高校日本代表にも選出された経験がある「松島幸太朗」選手は一体どんな人物なんでしょうか!?

これを見れば、きっとあなたも松島幸太朗選手マニアになるはず!!!

松島幸太朗選手のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Top League 2017/8/18 19:30 秩父宮ラグビー場 開幕だよ🦍

kotaro matsushimaさん(@matsudesuyo)がシェアした投稿 –

  • 1993年2月26日生まれ
  • 南アフリカ カプレトリア出身
  • 身長 178cm
  • 体重 88kg
  • ポジション CTB(センター)、WTB(ウィング)、FB(フルバック)
  • 所属 サントリー サンゴリアス

松島幸太朗選手の経歴一覧

ジンバブエ人の父と日本人の母との間に生まれた松島幸太朗選手は南アフリカで生まれました。

2010年年度には神奈川県の桐蔭学園3年生の時に花園に出場し、決勝へ進みます。

決勝戦の相手は東福岡でした。

結果は31-31の引き分けで、両校優勝で桐蔭学園は初優勝を遂げ、その年の花園は幕を閉じました。

その後、強豪大学からの誘いがありましたが、全て断り単身、南アフリカへ渡ります。

南アフリカは松島幸太朗選手の生まれ故郷で、ジンバブエ人の父と3歳まで暮らした場所です。

そこで、「スーパーラグビーへ挑戦したい」と思いを胸に刻み、ラグビーに毎日励みます。

努力の結果、スーパーラグビー・シャークスの育成機関へ入り、U19、U21のチームでプレイします。そこでは中心選手として活躍していました。

2012年にはU20南アフリカ代表候補に選出され、今後に期待される選手へと成長しました。

しかし、「試合に出てしまうと日本代表になれなくなってしまう」と理由からU20南アフリカ代表の招待には応じなかったそうです。

3年間の南アフリカでの修行を終え、日本に帰国し、サントリー サンゴリアスへ入団。

2013年には日本代表に初選出されます。

前回のワールドカップの南アフリカ戦で先発し、五郎丸選手のトライをアシストするなど日本を勝利に導きました。

ワールドカップ終了後は日本のトップリーグで、2017-2018シーズンのMVPに輝き名実ともに日本を代表する超攻撃的プレイヤーへと成長しました。

今年のワールドカップでも活躍が期待されます!